ラッピングコーディネーター渋松の笑って暮らして

渋い色のもの、ラッピング、お菓子作り、スクラップブッキング、日本の心・・・みたいなものが好き。

June 2011

焼き上がりましたあ。時間がなくて、あせって釉薬をばたばたと。あとは、いつものように適当な掛け方でも奇跡の出来上がりを期待するのみ。ほほ〜また思いがけず大好きな感じに焼けてましたよ。葉っぱのついたお皿とカップ。織部とどばい透明の色違い。箸置き風とタグも作っ ...

うどで作ったうど和紙。地井武男さんが立川周辺を散策した様子が、ちい散歩で放送されます。7月4日テレビ朝日午前9:55~うど和紙や、8月4日の和紙の日のイベントが紹介されているかしら。ほのかな色合いのうど和紙で、ばらを作ってクリップにとめてみました。和紙の日イベ ...

今日は、涼しそうなガラスの器で、十字がけリボンのアレンジ。ピローケース(コンケイブBOX)の基本あわせ包みと、まりりん先生伝授の、ピローで作るバッグです。青いばらをあしらって、父の日プレゼントでも良いですね。最近は、母の日の赤い花に対し、黄色いばらだった ...

お散歩途中の黄色の軍団。遠くから目立ってました。思えば、花を知らなさすぎる私。子供達が小さい時から、季節の歳時など、努めて行い、その折々の食べ物を与えてきたのだけど、花に関しては、何にも教えてあげてない。自転車の前に後ろに乗せて、時間との闘いのような毎日 ...

巻きバラの練習をして、涼しそうな色あいで、壁を飾ってみました。同じリボンでも、それぞれのオリジナルです。ブルーのレースペーパーをバックに置くと、一層白い壁に引き立ちます。ワックス紙でできたポット型の袋に、野菜を入れて。レースリボンと、パッチワークのシール ...

今日は、世田谷ものづくり学校の、都筑先生の製本教室。グラシン紙をファイルにしたデリケートでおしゃれなものです。中に何を入れようかなって考えるけど、何も入れなくて見てるだけでも楽しい。糸綴じで、はとめでちっちゃいまるをとめて、糸でくるくると開閉します。先生 ...

今日の山根先生の折形は、弔時のお包み。もともと、故人のお好きだった香や、とっておきの香を焚いて、お見送りをし、それから、お好きな香を買ってあげてください、とお金を渡すようになったのが、香典。お札は、いつの頃からか欧米のように横型になっている。お札に合わせ ...

東京リボンの、巻きバラステップアップ講習です。巻きバラの応用編、ちょっと変わった巻きバラ2種を作って、後半は、リボンでりースを作成。新製品のレインボウリボンをたくさん使って作りました。これはパステル調の色。バラにすると、折り目の出具合で色もいろいろ変化あ ...

Happy Birthday ...

長男が家を出て5日め。あの給料で暮らせるのかしら?とりあえず、少しだけ家事が減った。180センチの100キロで、でっかい服の洗濯物も減った。牛を飼ってるかのごとく、すさまじい食欲で、外で食べることも多かったけど、家に帰ると「腹減った攻撃」。それがなくなって ...

↑このページのトップヘ