ラッピングコーディネーター渋松の笑って暮らして

渋い色のもの、ラッピング、お菓子作り、スクラップブッキング、日本の心・・・みたいなものが好き。

November 2011

今年も、女性センターのフォーラムが開催され、ラッピング講習をしました。12名の方が参加してくださり、前年、一昨年の参加された方のお顔も・・・「簡単できれいに結べるリボン結び」として、リボンのしくみを理解していただき、表ウラのあるリボンの結び方もマスター。お ...

今日は、額に入れた作品を、包む良いアイデアは?というご相談を受け、あわせ包みの基本と、バリエーションで、貼り合わせタックと、切り込みを入れて中を見せる包みをご提案しました。貼り合わせの面積や角度で、さまざまに変えられると、作品の包みがまた広がったご様子で ...

村松先生のレッスンは、グルーを使って、スパイラルにリボンや木の実をとめて、ツリーを作りました。ミニ胡蝶蘭の生花もつけて、二日くらいは楽しめるそう。全長約80センチ頂点に持ち手リボンをつけて、ブーケとしてもおしゃれです。ウエディングバージョンはこちら ...

今月の山根先生の折形は、還暦の包みです。おそらく一生に一度だけ、自分の産まれ年が60年で一順し、巡ってくるお祝い。新たに生まれ変わるという意味もあり、赤ちゃんの誕生祝いにも使って良し。はさみものりも使わずに、一枚の紙から、折ります。 ...

今月は、ウエルカムボードのご相談があったので、巻きバラの練習をかねて、額の制作をしました。まず、バックになるリボンを貼っていき、リーフと、バラの練習。皆様、無言で集中!最後は、時間にも追われましたが、「できた、できた」の声。タイトルステッカーも貼って、で ...

Toko先生のワークショップ。宿題の写真を使って、フォトノートと、クリップボードを作りました。ノートは、製本の基本の作り方と同じ、クリップボードも以前教えてもらったけど、自分の写真で作るってうれしいよね。みなさんの写真は、すごーく素敵でびっくりです。みん ...

折形の山根先生の講演を聞きに、紀尾井アートギャラリーへ行ってきました。本物の将軍家からのお手紙や、美しい十二単衣のような折形の展示もあり、また、非日常の空気を感じてきました。紀尾井町は、紀州尾張の徳川家と、彦根井伊家の中屋敷があった江戸のお屋敷町。今もな ...

↑このページのトップヘ