北の国から
あ〜しみじみ見てしまいました。
当時も、考えさせられながら見てましたけど。

また今見ると違った観点でした。
あの時代の良さや、人のつながりの変化など。

最後のお札のシーンは今の方が効いたかな。


さて、黒板さんのご冥福をお祈りして、
今日の自分を振り返り、
出来なかったことを考えず、出来たことに目を向ける
わかっちゃいますけどね。そこは自分を分析という意味からも、
客観的に判断することもあるわけですよ。
そうした時、
出来てないな、と思うこともあり、
やっぱ「覚悟」が足りんのだな。

思った。
覚悟とは
「迷いを脱し真理を悟ること」とある。
受け止める心構えをする、諦めて観念をする。ともある。

仏教用語なんだそう。
出来たことに目を向ける、は前に向くけど、ちょっと甘くなる。
ま、そういう時もある、もありだけど、
ここぞの時は、覚悟が必要なんだと思う。
今はここぞの時なのか?
ん〜んわからん